sass
Top

sass
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
courrier japon
最近定期購読する雑誌が無くなっていますが、そんな中
d0071050_613335.gif
この雑誌クーリエ・ジャポンだけは創刊から毎月購読しています。
今の雑誌は特集号的、例えば物や人物など、ある一定の事柄に特化した物になっていると思いますし、その中身で売れ行きも左右している様に思います。
雑誌という感覚では無くなって来ている様に思います。
そんな中、色んな情報がかなりフラットに扱われているけど、とても面白い雑誌がこれです。前回はそれ程でもなかったけど、現代のITが進んだ状況の中、世界での出来事は他人事ではなくなって来ている様に思います。とはいえ、この雑誌を読んだからと言って何が出来るという事ではないのですが、常に広い視野で物事は考えて行きたい所です。
d0071050_624350.jpg
こちらも先日購入した高城剛の70円で飛行機に乗る方法です。いつも本を購入して思うんですが、書き手が膨大な金額を費やして書き上げた本、その内容や考え方を読み手は数百円で購入出来、数時間でそれらを吸収する事が出来るので、とても得をした感じです。
後はそれをどう自分のフィルターを通して、実践出来るか。ここが一番肝心ですね。

以前の住宅の続き

現在進めている計画の敷地が田舎の農村地。
辺りは田畑、それ以外は特に手がかりは無し。
敷地も宅地申請をした場所なので、当然現在は畑です。
そんな中、当初から考えていたのは等価性。
それが少しづつ変わって来ています。
お施主さんの要望に特徴はなく、強いていうならば中庭が欲しいとの事。
畑の中に自然に住宅を建てる事を考えると、とても不自然な気がした。
かと言って不自然に建てる事を考えると、そのまま不自然な気がした。
等価に扱いたいという考えから、不自然さと自然さを共存させたいと思った。
不自然に建てる事が自然で、自然に建てる事が不自然な状態を等価に出来ないかな。

お施主さんは庭が欲しいと言っているけど、畑やそれ以外の場所全てがとても魅力的で庭その物だと思った。でも庭が欲しいのか…
でも、こんな中であえて庭を作る事は不自然な気がしてきて良いかもしれないな。
塀を作るというのはどうだろう。
境界線を作る事はともて不自然に思えた。塀は往々にして境界線を作っていて、確固たる領域を示している。都会ではそれが自然に存在しているし、所狭しと境界と建物の間を張り巡らしていく。
そんな塀を田舎の農村地に作る事はとても不自然だけど、少し面白いと思えた。境界と建物の距離間や、あり方を少し変えて行くと、なんとなく面白いのでは、そんな中に自然に住宅を設える事は出来ないかなと思う様になった。
d0071050_625887.jpg
この写真は近所にある残された塀。いや、住宅が無くなった状態とも言えるかな。僕はこういう状態が結構好きです。そこにあった物がなくなると、不自然なんだけど、自然で、何か色んな事を想起させてくれます。そこにどういう物が建っていたのか、周辺の建物の高さや窓の位置などから、なんとなく想像したり、生活はどういう物だったのか、塀の汚れ具合から住宅との距離など。無くなった状態は常に在る状態に近いと思うからです。
僕も何かを考える時に、無くなる事を考えますし、その状態の方がより魅力的に感じます。
この写真では塀なので2m程の高さですが、今回計画している物は高い所で4m強あります。結構高いです。塀というより、壁です。住宅のスケールに近づいて欲しいのかもしれませんが、出来るだけ等価な状態を目指した結果かなと思います。
d0071050_63719.jpg
この写真は器です。出来れば、器の様な状態であって欲しいと思っています。
料理をそのまま出されると不自然だけど、器の上に盛りつけられていると自然かなと思って、そういう所を目指しているんだと思います。
図面を書いてしまうとかなり固定されてしまった感じが出て来ますが、なんとかこういう状態に近づきたいと思っています。

不自然な状態の中に自然な状態を設ける。色んな要素がスケールも含めて等価になって欲しいです。
RCで出来た器の中に木造の軽い状態の機能が置かれる。内実はあるのに不在を目指しています。
まだまだ既視感と戦っています。
あとひとふんばり、いやむしろふんばらない方が良いのかな。
メルトダウンする一歩手前。
あ〜もっと先に行きたい。もっと、もっと。
[PR]
by aki_miyagawa | 2008-06-14 06:20
森美術館 英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展
今日は友人に誘われた平田晃久さんの講演を聞きに行くはずが、またもや時間を逃しました。
平田さんは、作風は個人的に好きではないんですが、話している事や言説や物事に対しての取り組みがとても好きです。
どの雑誌だったか忘れましたが、自分の言葉、やり方で説明する事がとても大切だという様な事を言ってました。
どの分野にも流れや流行ってあると思うんですが、それに依拠する様な形でなんとなく説明やデザインって出来たりすると思いますし、その方が楽だと思いますし、認知もして貰い易いでしょう。
でも、それじゃあね〜。
どんなに下手でも自分の言葉で、また自分で考えている事を言語化して説明する方が良いんだと言っていた様な。うん、そうです。
d0071050_5502979.jpg
なんで遅れたかというとこれです。とんかつ、厳密にはこれはひれかつです。少し食べて行こうと思い近所のとんかつ『ふじ』というお店へ。
ふだんからよく人は入っていて、雰囲気も良いお店だったんですが、特に行く機会もなく。3年目にして初めてでしたが、美味しかったです。
d0071050_5504026.jpg
これ、わかりますか?衣までの間に卵の層がミルフィーユみたいにあるんです。良くみていたら、卵と小麦粉を二度付けしていました。
d0071050_5505541.jpg
そうこうしているうちに、平田さんの講演には間に合っても10分程度しか聞けないかもと思ったので、森美術館に行き、英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展を観て来ました。個人的にはやはり、デミアン・ハーストの作品『母と子、分断されて』を生で観れた事は良かったです。しかも分断された間を入れるんですね。他の作品に比べて、この作品の場合は二つに分断されているので、表裏を感じたり、内外とでもいう様な物を感じるのですが、実際に観ると確かにそういう事を感じます。今までは、この手法の物はどこをとっても一定の強度があるんじゃないのかと思っていたんですが、どうもセットで作品として観るのが一番だし、そう観られる事を前提にしているんだな〜と思いました。
こういう発見はやはり生で観ないと分かりませんね。
d0071050_551558.jpg
このhouseという作品も面白かったです。レイチェル・ホワイトリードという方の作品。
帰りにツタヤに寄り、原 研哉 さんの白という本を買いました。
d0071050_694727.jpg

[PR]
by aki_miyagawa | 2008-06-08 06:09
建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳
東京国立近代美術館に行って来ました。

今日はペーター・メルクリが講演をするというので、とてもわくわくしていました…
d0071050_236016.jpg
d0071050_2361617.jpg
上の写真は彫刻の家という建物で、僕もとても好きな建物の一つです。

展示の内容も面白かったですし、メルクリ氏のスケッチをあれだけたくさん見れたのはとても良かったです。
何枚か連なっていると、思考の形跡が読み取れますし、スケッチの痕跡なんかもありとても良かったです。

メルクリ氏のスケッチはスケールがあっている様な、あって無い様な物もありますが、僕個人はとても好きなスケッチの方法です。
メルクリ氏がどうかは分かりませんが、スケッチでかくとスケールとか、様々な諸条件とか抜きに、結構自由に書けるからです。
実際それが上手く纏まっていなくて、修正する事もありますが、予め数値で決めて書くよりは、自由な物や、何か捉えようのない物が出来て来たりするからです。

で、ここからが本題ですが、僕は5時10分頃に到着しました。
その頃も何名か並んでいましたが、係の方にお聞きするとまだ半分位なので大丈夫ですよとの事。
その後、展示を見て50分に地下室に向かおうとすると、定員になりましたので、ご了承下さいとの事。
えっ!!
それは本当ですか、という顔で、そのまま本当ですかと聞いたのは言うまでもなく…

講演会メインで来たのにですか、展示だけなら週末でも良かったんですけど…
d0071050_22545728.jpg
このまま変える訳にも行かないので、もう一つのスケッチ?を見に行って来ました。
2階からみるとまた少し面白くてマンホールや、目地割なんかを含め結構シンメトリーに書かれています。それを建物の構成で少し変化させていました。この視点では書いていないのですが、上から見るとガラスに透けて向こう側が(というか路地)が見えて面白かったです。
d0071050_22551174.jpg
それでも悔しかったので、近くにあった日建設計、山梨さんの設計されたこれを見てきました。

あ〜悔しいです。
決してザブングルではありませんから。
[PR]
by aki_miyagawa | 2008-06-06 23:12
ギネス
上地雄輔

単純に凄い事だと思いました。単純に。

別に僕にとってどうって事はないはずなんですが、単純に凄いな〜と。

ギネスに乗る事自体が凄いんですが、よく考えれば彼の事を知っているのってほぼ日本人ですよね。
という事は彼のブログを見てた人が一日に何人もいて、そのほとんどが日本人。
それが世界一。

世界中の有名人もブログを書いてたりしていて、世界中からアクセスがあるはずです。

なんか凄い事になって来ています。

d0071050_4245370.jpg

[PR]
by aki_miyagawa | 2008-06-05 04:25
study
d0071050_1213997.jpg
今月には再見積もり予定なので、色々と検討していました。

だんだんと、考えている事が変わって来ている様に思います。

当初考えていた事は敷地と等価に扱えないかという事。

この部分は変わらず考えてはいるんですが、視点が少しづつ変化している様に思います。

初期から考えていた事は、住宅と、敷地、それらのスケールごと、等価に扱いたいと思っていました。
なので、高低差を生かした構成や、色んなシーンなんかを盛り込んで、住宅のスケールというよりは家具的なスケールで考えていました。
その時にとても興味のあった事、これは今でも興味があるんですが、住宅を作りながら風景を作るんではなく、風景を作りながら住宅を作れないかなといった事です。
こう考える様になったのは、よく街中を歩いている時に見間違える事があるんですが、僕はこの瞬間が凄く好きなんです。

辰巳駅付近で、夜散歩をしていた時に景色、夜景を見ていたんですが、いつの間にか見ていた対象が集合住宅だったんです。その時は雲も掛かっていたので、集合住宅が並木と同じ様に見えたんです。

こういう実体験から、なんとかそういう方法で住宅や、インテリアなどの空間を作れないかな〜と今でも思っています。

ここからは明日書こう。
[PR]
by aki_miyagawa | 2008-06-04 01:43
holiday
アツシのブログ等でそんなに凄いものかと池袋で行われたフリーマーケットへ。
d0071050_3203846.jpg
奥に見えるのがUNITED BLUE特設マーケットと佐藤さん。手前がブログの主、アツシと右はタッチン。
d0071050_3204850.jpg
池袋で昼ご飯を取り、chanel mobileart
d0071050_3205770.jpg
藤井君とも合流して渋谷へ。
d0071050_3212751.jpg
渋谷に来ればやはり、これか!!
d0071050_321961.jpg
その後は原宿辺りをブラブラと。最近GRを購入したんですが、新機能で1:1の比率で撮れるんですが、これ結構綺麗な構成で撮れます。ちなみにバートン店舗内です。
d0071050_3211914.jpg
バートンの試着室がこんな事に。中は本当に寒いので実際にトライ&テスト出来る仕組みです。なかなか面白いです。
d0071050_3213676.jpg
最後はみんなでもつ鍋を食す。タッチンがもつ鍋にハマっているらしく、昨日ももつ鍋だったそう。確かに美味い所で食べると全然違います。
心なしか、キーボードが滑ります…

今日はとにかく休日の過ごし方の典型でした。
こういうのも良いですね。
[PR]
by aki_miyagawa | 2008-06-02 03:44