sass
Top

sass
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
TNプローブ 石上純也 講演会
TNプローブの講演会に行って来ました。

結構早めに出たので、会社に一人残された所長が可哀想でした。

個人的には、メディアを通してですが色々知っていたので特に新しい驚きがある訳ではありませんでしたが、再確認出来たので良かったです。

五十嵐さんもいらしていて、コメントの中に青木さんと石上さんだけは他の建築家と考え方が異なっていて、どうしてそういう考え方をするんだろう、みたいな事を言っていましたが、まさに彼の場合は立脚点、問題提起、またその解決方法が異なっています。
こういう方が建築畑には殆どいなかったと思いますが、その事だけで新鮮です。

講演会の経歴の紹介の中で、アートと建築の境界を越え活躍と紹介されてましたが、そう見えるのかもしれないですけど、ちょっと違うのかなとも思いました。

石上さんもコメントの中でそういう境界はあんまり考えてないとおっしゃってましたが、プロジェクトの説明時には建築的にとか、建築として、といった様に如何に建築として考え、成立させるかという事を考えておられると思いました。

やはり、真摯に建築を考えている。アートではなくて。
とても健康的だと思ったのと、この事が作品としての強度を高めている、魅力ある物へと昇華して行くんだなと思いました。

東京電力のコンペのプロジェクトなんかは、まさに建築を建てようとしている。
そこが知れた事は、僕には結構収穫でした。

講演会の中で面白かったのが、ケーキの切りとり方について。
ケーキを円形の物から三角形に通常は切り取りますが、でもその切り取られたケーキの形状は変わってもケーキであるという事。
切り取っているんだけど、切り取ったとは思わないという事です。

この事をパントマイムに絡めて言っていたのが、そこにあると思うんじゃなくて、そこに無いと思う。という事。
なるほどな〜と関心したのを覚えてます。

僕の興味の対象、物事の成立の仕方で矛盾という事があります。
なんだか、矛盾がどこかに無いと成立した気になりません。
それと少し関わってくる様に思えたので、ちょっとまた色々と考えてみたいと思いました。

今日で退職のはずが、結局今月いっぱいに変更になりました。

何故?どうしてそんなに説得するんでしょう?良く分かりません。
僕を置いておいて何か利点があるんでしょうかね?
居るだけで、当然給料も発生して来るんだから、お金の無駄だと思いますが…

それに親身になって今後の行く末なり、色々心配してくれるのですが、そんな事ぐらい考えてますし、言及してくれる全てが以前考えていた事でちょっと過去の事です…

申し訳ないんですが、早く辞めさせて貰えませんか?といった所です。
d0071050_16234937.jpg

石上さん
d0071050_16201072.jpg
会場風景。終わる頃にはいつの間にか満員でした。建築の実作がまだないのに、凄いですね。
d0071050_16201851.jpg
SDの時のプロジェクト
[PR]
by aki_miyagawa | 2006-09-01 16:21
<< apple store shi... 精度と密度 >>