sass
Top

sass
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
築地本願寺
早朝6時30分より始まる晨朝勤行に参加して来ました。
とはいえ特に仏教に関心がある訳ではありませんし、どちらかというと宗教その物を信じている人間ではない方です。
こんな事を言うと、宗教徒の方に非難を浴びてしまいそうですね。

何故、こんなに朝早くに築地本願寺に向かったかと言うと、本願寺で行われるLIVE『他力本願でいこう!』の入場券を手に入れる為です。

出演者はエマーソン北村、ジム・オルーク、古内東子、向井秀徳、ロマンポルシェ。、サワサキヨシヒロ!などですが、個人的には彼らには全く興味がありません…

ただ、チケットを入手する為には築地本願寺の晨朝勤行に参加するしかなく、その異様な光景を見てみたかったからです。

築地本願寺は関東大震災の後、焼失した本堂再建の為、石造りの建造物になっており1934年に伊藤忠太によって設計されています。
また、インド様式の外観に内部は桃山様式を取り入れたり、パイプオルガンや、ステンドグラスといった設備や、装飾が見られ、現代人の僕にしてみては、それだけでも十分異様な建物なのに、そこで異様な人達のライブを見る為のチケットを入手する為の晨朝勤行に参加するという、異様極まり無い光景をどうしても見てみたかったのです。

で、行ってみた感想ですが、やはり、異様でした。
まず、坊さんに丁重にもてなされ、心に響く挨拶をされます。
最近で今日程、おはようございますという言葉が美しく、鮮明に聞こえた日が無い様に思えました。
それから、坊さんの受付カウンターでチケットと経本を拝借し、お経が始まりました。
思っていたより、短く、僕の実家も浄土真宗なので退屈する事もありませんでした。
それにしてもどうして、仏教は一つなのに宗派があるのか毎回疑問です。
ひと一通り、お経が終わると、チケットにスタンプを押して貰う為に列を作って並びます。

正直、ホームレスの配給の光景と重なってしまいました。
みなさん、眠たそうでしたし、やはりお経やお寺にはそれ程関心が無い様でチケットにスタンプを押して貰えば、そそくさと帰って行かれました。

僕としてはこのライブに行こうかどうか結構迷っています。

d0071050_555876.jpg

[PR]
by aki_miyagawa | 2006-08-20 05:06
<< 光の魔術師 インゴ・マウラー展 金閣寺 >>